お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Crocodile Specimen Kit

ACCESORY

Crocodile Specimen Kit

image (1).jpg
img62976906.jpg
img62976907.jpg
image (1).jpg
img62976906.jpg
img62976907.jpg

Crocodile Specimen Kit

0.00

OC-10を標本のようにいつまでも美しく!

Add To Cart

One Control Crocodile Tail Loop OC10は、ペダルボードの中枢を担うべく開発されたスイッチングシステムです。

実際にペダルボードの手前中央に設置し、ボード上の様々なペダルをコントロールする司令塔の役割を果たし、多くの現場で使用されています。

 

ヘヴィなツアーを重ねるプレイヤーにとって、ステージの環境はいつでも優雅なものではありません。

熱い照明と薄い酸素、高い湿度の密閉された空間の中で激しく動きまわることもあれば、灼熱の太陽に熱せられたアスファルトの上で行うストリートライブ、さらには雨や雪が吹き込む野外ステージなど、プレイヤーにとってだけでなく機材にとっても厳しい環境に置かれることがあります。

 

機材のトラブルの可能性はあちらこちらに潜んでおり、どれほど考えて作られた機材であっても完全にトラブルの原因になりうるものを排除することはできません。

 

One Control Crocodile Tail Loop OC10は多くのプレイヤーからご愛用いただいており、実際のその耐久性は多くのペダルボードに於いて示されています。

しかし、それでも厳しい環境に晒され続けると、高耐久性のOC10であっても、各部にへたりが出てきてしまう場合があります。

 

One Control Crocodile Specimen Kitは、そんな厳しい環境でのライブやツアーを繰り返す、ヘヴィなライブプレイヤーのために開発された、OC10の強化プロテクターです。

フットスイッチ、LED、操作ボタンなどの動作部には、必ず小さな隙間があります。その隙間を、上から塞ぐことにより、内部への保護力を高め、同時にプログラムボタンの誤操作も防ぐことができるキットです。

 

非常に透明度が高いので、視認性を犠牲にすることもありません。

Specimen Kitを取り付けたままプログラムの変更を行うため、プログラムボタン部はネジ留めのプレートになっています。

 

●Specimen Kitの取り付け方

1:まず、付属の6角レンチを使用し、側面と底面にあるネジを外し、裏蓋を取り外します。

 

2:OC10のトップパネル部、ガードバー取り付け部にあるプラスチックのネジを取り外します。

 

3:付属の専用器具を用いて、フットスイッチを外部から固定しているナットとワッシャを取り外します。

 

4:Specimen KitをOC10のフットスイッチ穴に合わせて載せます。

 

5:フットスイッチを、フットスイッチ穴に通します。

 

6:フットスイッチを固定するためのワッシャとナットを取り付け、Specimen Kitを完全に固定します。

 

7:裏蓋を取り付け、付属の6角レンチを使用して、本体側面と底面のネジを締めます。

 

※裏蓋の取り外し/取り付けの際は、全てのネジを出来る限り均一、かつ対称に緩め/締めてください。

 

※フットスイッチの取り付けの際は、裏側からフットスイッチを押さえながらナットを締めてください。フットスイッチを押さえずにナットを締めると、フットスイッチが回転し、断線に繋がる可能性があります。

 

※OC10内部のパーツは、フットスイッチ以外には触らないようにしてください。

 

※この商品はOne Control Crocodile Specimen Kitのみです。OC10本体は付属していません。