お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Crocodile Tail Loop OC10

ACCESORY

Crocodile Tail Loop OC10

image.jpg
image.jpg

Crocodile Tail Loop OC10

0.00
Add To Cart

 

One Control Crocodile Tail Loop専用のLINKケーブル(1m)です。

Crocodile Tail Loop2台を接続する「LINKモード」の際に使用します。

 

 

【Crocodile Tail Loop 「LINKモード」について】

Crocodile Tail Loop(以下OC10)は、もう1台のOC10と繋ぐことでSYNCモード、LINKモードの2種類の使い方が可能になります。

 

 

1.SYNCモード

2台のCrocodile Tail Loop OC10を使用して最大20台まで、接続した機材の操作が可能になります。

SYNCモードでは片方のOC10が選択したバンクおよびPGMがもう一方のOC10でも自動的に選択されます。例えばOC10-Aでバンク1/PGM7を選択すると、OC10-Bでも同時にバンク 1/PGM7が選択されます。また、OC10-Bでバンク2/PGM7を選択すればOC10-Aでも同時にバンク2/PGM7が選択されます。この時呼び出されるプリセットはそれぞれのOC10で保存していたプリセットが呼び出されます。

 

 

2.LINKモード

2台のうち片方のCrocodile Tail Loop OC10をコントローラーとして使用できます。ペダルボードから離れた位置でプリセットを変更したり、ステージ袖からペダルボードのコントロールが可能になります。

LINKモードはマスターに設定したOC10-Aのデータをスレーブに設定したOC10-Bに取り込むことで、 OC10-Aの設定をそのままOC10-Bに反映させることができます。 LINKモードではマスター側のOC10-Aのバンク、PGM、プリセットプログラム、MIDI ON/OFF全ての設定がそのままスレーブ側のOC10-Bに反映されます。

 

 

※本製品はOne Control Crocodile Tail Loop専用のケーブルです。

 市販のLANケーブルとは異なります。