お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Blog

高齢者のための高齢者、Curabitur blandit tempus porttitor。フスコ・ダピバス、テレ・ア・クルス・コスモス、トルーマン・マリックス・コンディショナブル・ニブ、ファーンメンタム・マスマ・アム・リサス。発芽玄米には穀粒があるあるある内容を含んでいます。発芽玄米には穀物が含まれています。

 

ワンコントロールのケースはこうやって作っています!One Control BJFシリーズの“内側”に迫る!

LEP INTL

おかげさまで大人気のOne Control BJFシリーズ。他にはないサウンド、BJF設計ならではの扱いやすさなど、いろいろとこのペダルの良さを分かっていただいています。

中でも外観に関しては、とても気に入っていただいているというお声をいただきます。

One Control BJFシリーズのケースは、アルミを削り出して制作したケース。そのため裏蓋の密閉は多くのエフェクターとはまったく次元が違いますし、ノイズも抑えることができます。

そのケース、作る時にはこのように行っています。

imgrc0069098173.jpg

まずはアルミブロックの塊を用意します。ミニサイズペダルのサイズに切り取ったものですが、これでも400gを越える重さ。ずっしりとした金属の塊です。

imgrc0069098174.jpg

それを削ります。あらかた削り終わると、このようになります。一気にエフェクターケースに近づきましたが、まだ完成ではありません。この時点で重さは130gほどになります。

imgrc0069098175.jpg

もう1削りして、“削り出し”の工程は終了します。エフェクターケースらしくなりました。重量80g程度。元の重さからすると1/5位になります。贅沢にアルミを使用しているからこそ、あのOne Controlペダルがあるのです。

imgrc0069098176.jpg

左から順に、工程が進みます。

imgrc0069098178.jpg

裏蓋も同様です。中央の蓋は工程は分かりやすいよう、表側を向いています。

imgrc0069098177.jpg

実際に製品となる時にはご存知、このような形になります。

そう、エフェクターケースは削り出してそれで終わりではありません。そこからもう1加工を経て、みなさんのお手元に届きます。

imgrc0069098179.jpg

その違いはご覧のとおり。右端の製品版を見ると、それまでの工程とは全く仕上がりのレベルが違うことがお分かりいただけるかと思います。

これだけ手間をかけて製作するのは、ひとえに、音だけでなくペダルの全てを気に入っていただきたいと思うからこそです。

imgrc0069098180.jpg

どんどん新製品を増やしているBJFシリーズ。どれも丁寧に制作されたものばかりです。

是非お試しください!