お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Blog

高齢者のための高齢者、Curabitur blandit tempus porttitor。フスコ・ダピバス、テレ・ア・クルス・コスモス、トルーマン・マリックス・コンディショナブル・ニブ、ファーンメンタム・マスマ・アム・リサス。発芽玄米には穀粒があるあるある内容を含んでいます。発芽玄米には穀物が含まれています。

 

ワンコントロール代表作SRODと、その限定モデル、Lingonberry OverDriveとCranberry OverDriveを比べてみましょう!

LEP INTL

imgrc0072031825.jpg

One Controlの代表作となった、定番の“赤いオーバードライブ”。Strawberry Red Over Drive、そしてついに両モデルとも入荷となりました、Lingonberry OverDrive、Cranberry OverDriveを比較!

ただのゲイン違いだけ以上の差が、実はあるんです。

imgrc0072031827.jpg

まずはハイゲインバージョンのLingonberry OverDriveです。太く倍音の豊かなサウンド。あくまでもスタンダードサウンドでありながら、オーバードライブとは思えないハイゲインにも到達します。

ハイゲインといっても、ディストーションのような無機質感のある音ではなく、あくまでも上質な真空管アンプのもつ暖かなトーンを常に意識させます。音が濁ることもなく、飽和感のある音がポイント。倍音成分も豊富で、これはオリジナル以上です。

例えばマーシャルやフェンダーなどのスタンダードな真空管アンプなら、より激しい楽曲やパートで威力を発揮します。また、コンプレッションがけっこうかかりますので、例えばレガートやライトハンドを多用するテクニカルなリードにも最適。サステインは長ければ長いほど、テクニカルリードの演奏性は上がります。

また、JCや自宅の小型アンプでは、ロックンロール~ハードロックなバッキング用としても最適。どうしてもアンプを歪ませることができない状況で、しっかりとした歪みを作ることができるのはありがたいですね。自宅でのレコーディングにも使えます。

一方、ローゲインバージョンのCranberry OverDrive。こちらもまた素晴らしいです。

開発者のBJFは、ローゲインバージョンはペダルの本質が分かるので作るのが好きだと言います。つまり、SRODの本質を見極めるならこのCBODを弾けば良いということではないでしょうか。

トランスペアレントオーバードライブかと思うほどクリアなトーンはきちんと倍音成分が載っていて、クリアなのに伸びる、そして固くならない暖かみが常にあるトーンです。

ブルースやジャズのリードや、カントリーにも最適でしょう。さらに常時ONでプリアンプのように使うのも素晴らしく良いです。LBODがJCを歪ませるために使えるなら、CBODはJCでクリーントーンを作るために使えます。

さらにメタルギタリストも注目です。メタルなハイゲインは本物のアンプで作ると素晴らしいものですが、それをブーストしたりプッシュするのは簡単ではありません。クリーンブーストでは効かないし、かといってオーバードライブをかけたら音の輪郭がわからなくなる。そのため、モダンハイゲインアンプをブーストするにはローゲインオーバードライブが鉄板なのです。

CBODはハイゲインアンプとのコンビネーションも素晴らしいです。

また、昨今ユーザーの多い高級デジタルエフェクターにチューブライクな質感を付けるためにも使えます。センドリターンや後段に設置して、デジタルであまりにも高解像度すぎてしまうことのあるハイエンドアンプシミュレーターのサウンドに暖かさを追加してみましょう。

imgrc0072031828.jpg

オリジナルモデルです。

改めて弾いてみるとSRODの凄さはよくわかります。何が素晴らしいって、バランスの良さ。

音そのものが良いのはもちろんです。上質なチューブアンプに共通する特性を凝縮したようなサウンドは、レスポンスも高く、甘いクリーントーンから激しい飽和感のあるハイゲインドライブまで、何の苦もなくギターのVolumeで操作可能。もちろんそれはLBODやCBODも同じなのですが、SRODのバランスの良いゲインレンジやドライブトーンは何か安心感のある音ですね。

是非この3機種、お試し下さい!