お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Blog

高齢者のための高齢者、Curabitur blandit tempus porttitor。フスコ・ダピバス、テレ・ア・クルス・コスモス、トルーマン・マリックス・コンディショナブル・ニブ、ファーンメンタム・マスマ・アム・リサス。発芽玄米には穀粒があるあるある内容を含んでいます。発芽玄米には穀物が含まれています。

 

Filtering by Category: 2010

位相反転。

LEP INTL

どうも最近、新しいことをやりたくて、画材を買いそろえましたが

全くあけてもいません。同じくトレーニング用のチューブも未開封です。

買った時点で満足してしまうんですね。だめな性分だと思います。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?ワンコンのカワムラです。

 

さて、最近いろいろな方からいろいろなフィードバックをいただきます。

本当にありがとうございます!

私にとっては少々意外だったのが、位相反転についてです。

'この大きさで位相を反転できるなんて!'

こんな言い方をされるとは、正直思ってもいませんでした。

と、いうわけで、使い方を少し説明しますね。

image (4).jpg

嘘みたいな接続方法ですが、これだけです。これを位相を反転させたいペダルの後段に置いて、

反転スイッチを動かすだけで、簡単に位相がかわります。使い方は、まだまだありそうですね!

これからもどんどん紹介していきたいと思います。

 

新動画。

LEP INTL

動画を作ってもらいました。

やっぱプロは違いますね、極端に。

ありがたいです。是非ご覧下さい。

近況報告。

LEP INTL

すっかりご無沙汰しております。

ワンコンのカワムラです。

なにやら急に出張を伴う仕事が増えてしまい、

なかなかPCの前に座る時間が減ってきてしまいました。

とはいえここに書く時間が無いわけでもないので、

結局はさぼっていたんでしょうね、詰まるところすいませんでした。

ただ、仕事はさぼっていないです。

いろいろと新しいフィードバックをいただいております。

今回のMosquite Blender、サイズありきで制約だらけの中作られた商品ですので、

思いつきながらもバッサリとカットした機能が何個かありますので、

その部分をプラスした、ラグジュアリー版を出せたらいいなと

思っています。

そういうことを考えているうちに新商品を思いつきました。

あいかわらずチューナーは進捗が遅いです。

LCDの調達に手間取っています。なんとか今年中には、

形にしたいと思っています。

塗装について。非常に満足していますがゴールではありません。

さらに素晴らしい塗装を目指し、日々実験を重ねています。

 

詳しいお話ももうすぐできるかもしれません。

またあとでこちらに書いていきますね!

Mosquite Blender with Masf Noise Pedals

LEP INTL

ささっとベースラインに載せて、ブレンドを使ってみました。

静寂の中に轟音がある、そんな雰囲気って感じ取れるでしょうか?

ここで注意しなければならないのは音量。

あまりに大きい音だとノブを回しきっても

少しだけ音が漏れてしまいますので

ご注意を。いろいろとフィードバックいただいております。

後々紹介していきますね。

 

完成。

LEP INTL

ワンコンのカワムラです。

舞い上がっておりましたが

ようやく落ち着いたので、

最終的に落ち着いたデザインを少しだけ細かく見ていきたいと思います。

まずケースの外観、TOP側について。

image.jpg

黒が前回までのプロトタイプ。

そしてブルーが製品版。

わかるでしょうか?少しだけ角が丸いです。

理由はもちろんあります。何個もあります。

感じてしまった機械臭を取り除くためでもありますし、

重心を下に下げるための策でもありますし

(意味があるものかどうかわかりませんが、

どりあえず善処したつもりです。)

いろいろあります。これによって4gも軽くなりました。

安定感は変わりません。

image (1).jpg

黒がプロト、ブルーが製品版。

ネジに合わせたカットにしました。

これにより、ゴム足をつける場合は、

より安定感を増しました。

つけない場合は何も変わりません。

けど、いいじゃないですか。いいですよね(笑)

image (2).jpg

これ、意外にビッグかも。

ワッシャが透明です。

これが実は一番大変。

私が探したところ、こういった商品は売っていなくて、

すべてオーダーで、すごい単位で発注しました。

使い切るのは何十年後でしょう?

踏み心地は変わりません。

機能も変わりません。

けど透明なほうがかっこよくないですか?

ええ、ただそれだけです(笑)

image (3).jpg

サイドのジャックのワッシャも透明です。

これで全て作り終えました。

完成です。最初の企画から始まり、

最初の予定では2ヶ月ほどで完成できると

踏んでいたのですが・・

なんとほぼ7ヶ月。ほとんど毎日

図面、デザイン、カタログとにらめっこで

過ごしてきましたが、最初に

私の頭の中にあった完成品、つまり

企画を立ち上げたときより素晴らしい

商品が出来たと思っています。

特に最後の方はほとんどチューンナップのような

作業が続きました。ちょっとづつちょっとづつレベルアップして、

最終的には見違えるようにいい商品になったと思います。

ここまで作ることが出来たのは私の友人の助けがあってのことです。

ここでは名前を割愛させていただきますが、

謹んで感謝いたします。ありがとうございます。

あとは、これほど納期を遅らせて文句も言わず

待っていて下さったお客様に本当に申し訳ない気持ちと、

素晴らしい商品を触っていただける少し誇らしい気持ちが

交錯した非常に複雑な心境であることをお伝えしたいのですが、

まずはやはり一言、感謝です。ほんとうにありがとうございます。

いよいよ発売です。是非楽器屋さんなどで試してみて下さいね!

チューナーアウトという可能性

LEP INTL

全員に需要があるのかどうかわかりませんが、こういう使い方も出来そうです。

最近結構トゥルーバイパスのチューナーが多く出てきて、

それ自体はとてもいいことだと思うのですが、

唯一の欠点は、バイパス時に音が出ないこと。当たり前ですね。

ちょっと分かりづらい動画ですいません。つまりこれを使うと、

ノブが左の場合、音を出しながらチューニング。

ノブを右に回すとミュートしながらチューニング。

もちろんOFFにすればトゥルーバイパスになります。

たとえばBOSSのペダル型チューナーを

つなぐと、普通にトゥルーバイパスのチューナーになりますね。

ちょっとした小ネタでした。

まだまだいろいろあると思います。

また書きますね!

新しい写真

LEP INTL

まずはじめに、納期が遅れてしまいまして誠に申し訳ございません。

発売、発送が一週間ずれてしまいました。

外箱の発注に手間取ってしまい、商品があるのに出荷できないという事態に

陥ってしまい、誠に痛恨の極みです。一週間もお待たせしてしまい

本当にすいませんでした。以後、このような事の無いように努めて参ります

image (1).jpg
image (2).jpg
image (3).jpg
image (4).jpg
image (5).jpg
image (6).jpg
image.jpg

どうしても質感を見せたくて、接写でフラッシュを使い撮影しました。

色はすこし違いますが、質感は伝わるかと思います。

ブルー、あまりまだ売れていませんけど、とってもかっこいいですよ。

ワウとブレンダー

LEP INTL

Ibanezの現行のWH10、実はまだ触っていないのですけどどうなんでしょうか?

この機種に限らず、ワウのスイッチが踏みにくいとか、バイパス音が痩せるとか、いろいろな不満が常につきまといますね。

image.jpg

位置が悪いですけど、その辺はあとで工夫できるかと思います。

まず、WETにノブを回して、これでトゥルーバイパス化。

さらに、エフェクト音が痩せすぎる場合、原音をミックスしたり、

いろいろな微調整ができますね。

ベーシストは、これがあればわざわざベースワウを

いろいろ試す必要はありません。

自分なりのバランスを見つけて、

自分だけのトーンを探し出してみて下さいね!

ARION SCH-ZとMosquite Blender

LEP INTL

ワンコンのカワムラです。

これ最強かも。

ARIONのSCH-Z、言わずとしれた安くて素晴らしいサウンドのコーラスですね。

文句のつけようの無い値段でこのクオリティ。

これがトゥルーバイパスでクリーンミックスがついてたら、

と思うことってありませんか?

 

これ、セットで買ってもありじゃないでしょうか?

セットでも実売で2万円程度かな?

で、トゥルーバイパス化、ブレンドノブのついた

このクオリティのコーラスが手に入ります。

 

是非試してみて下さいね~♪

Donnerbox vs One Control

LEP INTL

ワンコンのカワムラです。

vsって書きましたけど、別に戦うわけではありません。

どっちがいいかとかじゃないですしね。

ドナーボックスのいいところを引きだそう、

ということを言いたいのですが、どうもいい言葉が

思いつかず、安易にvsとつけてみました。

テキスト量を稼いだところで、私の秘密兵器、

ドナーボックスでワンコンの実力をはかってみましょう。

友人でもあるDon Rusk氏が手作りで作っているDonnerbox。ほんとおもしろいですよねこれ。

踏んでる間だけコーラス/ビブラートがかかるってやつ。

んで、これを使っての動画です。やっぱりコーラスは、

原音とブレンドするとまったく違う視点での音作りも

可能に鳴ります。ライブはもちろん、レコーディングなどでも

重宝するのではないでしょうか?

是非手にとって試してみて下さいね!