お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。弊社はエフェクターに関するエキスパートだと自認しております。使い方がわからない、あのエフェクターに使うとどうなるのか?などさまざまなご質問歓迎いたします。

※お返事が届かないお客様へ

お問い合わせをいただいてから、1週間以内にお返事が届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスに間違いがあり、弊社からのメールがお届けできない可能性がございます。アドレスをご入力の際は、間違いがないかご確認ください。

また、モバイルアドレスの場合、PCからのメールの受信を拒否されていると、メールがお届けできません。

設定をご確認の上、改めてお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

 

なお、お盆期間、年末年始はお返事が遅れる場合がございます。ご了承ください。

 

Name *
Name
         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Mosquite Blender with BJF Buffer

SWITCHER

Mosquite Blender with BJF Buffer

Mosquite-Blender-with-Buffer-01.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-02.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-03.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-04.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-01.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-02.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-03.jpg
Mosquite-Blender-with-Buffer-04.jpg

Mosquite Blender with BJF Buffer

0.00

このエフェクターに全ての可能性が…!

Add To Cart

オリジナルケースなどの開発、コンポーネンツの選定、数ヶ月間に及ぶヒアリングテスト・・・

それら全ての努力はこの小さな箱に可能性を詰め込むためものです。このエフェクターには全ての可能性が詰め込まれています。

 

どのようなエフェクターと合わせて使うか?それは手に取ったあなたの自由です。

空間系エフェクターにかけることによって芯のある空間系トーンにしたり、

歪みを混ぜ合わせることにより自分自身のオリジナルなトーンを作り出したり・・・

無限に広がるアイディアの中からあなただけのサウンドを作り出してみて下さい。

 

センターマイナスの9Vアダプターで作動します。One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

Mosquito Blender.jpg

●9VDC INPUT:通常のエフェクターと同じくセンターマイナスの9Vアダプターで作動します。One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

 

●BLEND KNOB(ブレンドノブ):右に回すにつれ、エフェクター音(WET)がミックスされていきます。右に回しきると、通常の1LOOPスイッチャーとしても使えます。

●INPUT JACK:インプットジャックになります。通常はギターなどからのケーブルをここにつないで下さい。

 

●OUTPUT JACK:アウトプットジャックになります。通常はアンプ方向へ向かうケーブルをここにつないで下さい。

 

●OUT TO LOOP(SEND):センドになります。通常はブレンドされる側のエフェクターインプットにつないで下さい。

 

●IN FROM LOOP(RETURN):リターンになります。通常はブレンドされる側のエフェクターアウトプットにつないで下さい。

 

●POLARITY SWITCH:ブレンド時の位相を切り替えるスイッチです。サウンドが自然に聞こえる方に設定して下さい。

 

●BJF BUFFERSWITCH:BJF BufferのON/OFFを切り替えます。ON時にはバイパス時も含め常時BJF BufferがONとなり、OFF時にはバイパス時はトゥルーバイパスとなり、ON時にはスタンダードなバッファがかかります。(ボールペン等で切り替えてください。)

 

●FOOT SWITCH:エフェクターON/OFFを選択します。

 

 

※Loop 内のエフェクターの過大なVolume 設定や、発振によっては信号が漏れる可能性もございます。ご注意下さい。